質屋ってどんなところ?

「リサイクルショップとおなじもの」思っている方、多いのではないでしょうか。

実は、その2つはまるで違います。

質屋は、実は「金融機関」なのです。
質屋をもっと詳しく知りたい方は→須賀質店

リサイクルショップとは、「商品を買い取って、販売する」という、「古物商」です。

それに比べて質屋は、「商品を預かって、融資をする」という「質屋賞」です。

どちらも、管轄の公安委員会(警察署です)に申請するのですが、取得のためには条件があり、質屋商は、古物商の条件にさらに厳しい条件が追加されています。

最近では「中古品の買取販売」というイメージが強くなっていますが、実際には、このように許可の面でも違う種類の商業なのです。

日本において、質入れの文化は700年以上の歴史があります。

ところが以前は、その「金融」の色が強かったせいで、「質」には何となく暗いイメージが付きまとい、現在の様に目立たない存在になっていきました。

それを、「ブランド品の買取販売」で、イメージから一新したというのは、画期的なことでもあります。

だからこそ、基本的には金融機関であるという事を知っていると、その新しくなったイメージのもと、より有意義な利用ができるのではないかと思います。