質屋のシステム

質屋は、実は金融機関としても他とは全く違うのです。

消費者金融や銀行など、融資を受けられるところというのはたくさんあります。

どこでも共通して言えることは、「借りたお金は返さなければならない」という事ではないでしょうか。

そんなのあたりまえ、という気もしますが、質屋の場合は、ここが全く違うのです。

お金は、返してもいいし返さなくてもいいのです。

お金を返さないのならば、そのまま品物をあきらめれば済むのです。

手続きさえもいりません。

ですからもちろん、取り立てられることもありませんし、取り立てが原因で会社や家族に知られることもありません。

借金の情報が、データで残る心配もないのです。

【基本的な質屋のシステム】
◆質入れ→査定→融資査定してもらい、その範囲内で融資を受ける。
満額融資でもいいし、必要なだけでもいい。
◆契約期間を決める1か月の契約ならば、1か月で返済して品物を請け出すか、質物保管料を払って契約延長をする。
分割で品物の代金を返済することもできる。
期間内なら、いつでも支払、請け出しができる。
◆契約期間が過ぎたら所有権が質屋に移行して、質流れ品となる。